今日のお手紙

     

【表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition トークショー 2月18日(土)】表現の学校特別講座『紙もの雑貨の作り方』を開校!

手紙舎でもゆかりのある作家さんのイラストを用いた一筆箋やはがき箋、レターセットなど、思わず手に取ってしまう“紙もの”の数々。ちょうど2015年の春、とある本屋さんでこの一筆箋に一目惚れをし、私はすぐにレジへと向かいました。それが表現社・cozyca productsとの最初の出会いです。西淑さんの絵がふんだんに使われた雑貨との出会いは、同じ“紙もの”を扱う私にとって、まさに身体に電気が走ったかのような衝撃でした。

そんな魅力的な雑貨を生み出しているのが、京都の文具メーカー「表現社」が発信するクリエイターデザインのブランド・cozyca products。2月14日(火)より2月26日(日)まで、手紙舎 2nd STORYにて「表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition」を行うのに合わせ、2月18日(土)に、表現の学校特別講座『紙もの雑貨の作り方』を開校します。

もともと伝統ある和文具を作ってきた「表現社」が、cozyca productsを立ち上げたのは2013年のこと。なぜクリエイターとコラボレーションした雑貨を制作するようになったのでしょうか? その仕掛人こそが、今回お話してくださる、表現社企画室・アートディレクターの高倉英俊さんです。今まで生み出されたcozyca productsの企画、デザイン、制作といったすべての行程を担当されています。今も次なる新作アイテムに向け、制作の真っ最中の高倉さんより、トークショーに向けて、メッセージが届きました。

芸術の道を志し、卒業後もその道を歩んできましたが、僕は、正直そんなに優秀ではなく地味な存在だったと思います。そんな僕が、どういう想いで cozyca products を企画して進めてきたのか、そして今後どう進めたいかをお話したく思います。雑貨の企画者を志望している人や、創作活動をして悩んでいる人への参考になればいいなと思っています。

高倉さんがトークショーで、cozyca productsの企画や制作、今後についてお話されるのは初めてのこと。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなさいませんように。

【表現の学校特別講座『紙もの雑貨の作り方』 表現社・高倉英俊 × 手紙社・渡辺洋子】
cozyca producutsの仕掛人である高倉英俊さんと、手紙社の雑貨部門の責任者である渡辺洋子が、作家とともに制作する紙雑貨の作り方やブランディング、これからの動向などについて語ります。

日程:2017年2月18日(土)
時間:18:15開場/19:00開演
会場:本とコーヒー tegamisha 東京都調布市菊野台1-17-5 1階
料金:お一人様 2,000円(税抜)+ 1drink
お申し込み:2月2日(木)19:00より、こちらのサイトより申し込みを受付いたします。
問い合わせ:tel.042-426-4383(手紙舎 2nd STORY)
クービック予約システムから予約する

高倉英俊/プロフィール
1970年生まれ。2010年3月に株式会社表現社に入社。2013年春に、社内ブランド「cozyca products」を立ち上げ、製品の発売を開始する。2016年、表現社・アートディレクターに就任。cozyca productsアイテムの企画、デザイン、制作といったすべての行程を担当している。

渡辺洋子/プロフィール
大手通信会社の宣伝担当者を経てフランスへ。ブルゴーニュ地方の画家の家に住み込み、半年間ガーデナーとして庭仕事に明け暮れる。帰国後、フランスでの経験を生かし、雑誌『マイガーデン』編集部に勤務。副編集長を務める。2008年4月、北島とともに「手紙社」を立ち上げる。手紙社では雑貨部門の責任者として店舗の立ち上げ、商品開発、装花等を担当する。

表現社 cozyca products 5th anniversary exhibition 2/14(火)〜2/26(日)at 手紙舎 2nd STORY
日程:2017年2月14日(火)-2月26日(日)*1/20(月)定休日
時間:12:00〜23:00(L.O 22:00)
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383

 

(C)tegamisha since2008