今日のお手紙

     

【 7/4 – 7/17「海辺のライフスタイル展」 at 手紙舎 2nd STORY】出展作家をご紹介します③

7月4日(火)~7月17日(月・祝)の期間、手紙舎 2nd STORYにて開催する「海辺のライフスタイル展」。今回で出展する作り手のご紹介も最後、残り6組となりました。umieさんと縁の深いみなさんから、瀬戸内の「美味しい」お土産が届けてくれる方々をご紹介します。


▶︎おかし工房Botan(焼菓子)
瀬戸内海を見下ろす山あいにお店を構える、おかし工房Botanさん。お菓子職人の奥さんと木工職人のご主人が営む、カフェと家具の工房は、緑に囲まれながらホッと一息つける場所です。東京でのお菓子販売が初めてという今回は、とっておきの焼き菓子が届きます。

▶︎HIYORI(和三盆)
HIYORI(日和制作所)さんとumieさんとのコラボレーションで、瀬戸内海の風景が和三盆になりました。和三盆を作るための木型は、umieのマグカップや鳥をモチーフに職人が手彫りで制作したそうです。上品な味わいと口どけが特徴の讃岐和三盆は、日本茶はもちろん、コーヒーとの相性も抜群です。

▶︎半空(コーヒー豆)
高松市瓦町に静かに佇む、珈琲と本と音楽のカフェ「半空(なかぞら)」。店内には古書がずらりと並び、いつでも上質な音楽とともに迎えてくれます。今回届くのはブラジル、コロンビア、コスタリカの3種をブレンドした「半空ブレンド」。低めの温度で抽出すると、深みの中にも甘みが強く出るよう焙煎しているそうです。

▶︎アンファーム(ジャム)
瀬戸内の温暖な気候で育ったマンゴーや、パッションフルーツで作る「アンファーム」の手作りジャム。特にマンゴーは、研究や失敗を重ねて育て上げた、糖度15度以上の甘さが特徴です。フレッシュな南国の甘みをぜひ、スコーンやヨーグルト、パンと共にお楽しみ下さい。

▶︎讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
「讃岐はだか麦本舗」が作るのは、香川県産のはだか麦を国産のドライフルーツと合わせたグラノーラです。。食物繊維が豊富で栄養満点の雑穀・はだか麦。牛乳やヨーグルトとともに朝ごはんにも、アイスを乗せておやつにもおすすめです。

▶︎創樹(オリーブオイル)
最後にご紹介するのは、香川県高松市の農園「創樹(そうじゅ)」。手摘みオリーブから作られるエキストラバージンオリーブオイルは、パスタソースやきのこのオイル漬けはもちろん、温かいお料理にかけると豊かな香りが広がる逸品です。瀬戸内ならではの味覚をぜひお楽しみください。

これまで3回に渡って、総勢18組の作り手をご紹介してきました。いよいよ来週より、瀬戸内の魅力をたくさん詰め込んでお送りする「海辺のライフスタイル展」をどうぞお楽しみに!

【海辺のライフスタイル展】
会 期:2017/7/4(火) – 7/17(月・祝)※定休日:7/10(月)
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
場 所:手紙舎 2nd STORY
住 所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F

【参加してくださる作り手のみなさま】
井上陽子(クラフト作家)
umie(海辺のライフスタイルオリジナルグッズ)
槇塚登(鉄作家)
GRAPH(セイルバッグ)
イワサトミキ(絵描き)
杉山利恵(Aji Glass さぬき庵治石ガラス)
山口一郎(画家)
加賀雅之(木工作家)
鳥本雄介(ガラス作家)
entoan(革小物)
GARDENS(ガーデンライフブック)
工房織座(マフラー)
おかし工房Botan(焼菓子)
HIYORI(和三盆)
半空(コーヒー豆)
アンファーム(ジャム)
讃岐はだか麦本舗(グラノーラ)
創樹(オリーブオイル)

umie HP→ FaceBook→
海辺のライフスタイル FaceBook→

(C)tegamisha since2008