今日のお手紙

     

【展示『土と光』寺村光輔 × 小野田陽一トークショー 7/22(土)】

益子で暮らす陶芸家・寺村光輔さんは、益子の土や“そこにあるもの”と向き合う事を大切にしながら、日々、器を作り続けています。写真家・小野田陽一さんは、そんな寺村さんの陶芸への姿勢と益子の豊かな自然に惹かれ、一年間、彼と益子の風景を撮り続けました。

その日々が一冊の写真集となって、今回の展示開催日同日となる7/19(水)にリリースされます。タイトルはもちろん、『土と光』。小野田さんが光で切り取った益子の四季や、寺村さんの作陶姿が綴じられています。BOOK DESIGNは、アンパサンズ・飛嶋由馬さんです。

展示『土と光』では、こちらの写真集のリリースを記念して、7/22(土)に寺村光輔さんと小野田陽一さんのトークショーを開催いたします。お二人の出会いから、今回の展示や写真集を作るまでの経緯だったり、お互いのものづくりへの姿勢、展示準備の裏話、写真集の制作秘話など、長いお付き合いになるお二人に、カジュアルにお話いただきます。

聞き手にお迎えするのは、80年代から90年代にかけて圧倒的な人気を誇った伝説のファッション雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆を手掛けられている、編集者・ライターの山村光春さん。実は、寺村さんと小野田さんの出会いのきっかけにもなった方なのだとか。そのお話も、ぜひトークショーで!

◎トークショー
話し手:寺村光輔 × 小野田陽一
聞き手:山村光春(BOOKLUCK 代表)
日 時:7月22日(土)18:30開場/19:00開演
参加費:2,000円(税別)+1DRINK *ドリンク500円

*写真集『土と光』3,800円(税別)をご購入いただいたお客様は、1,000円(税別)+1DRINKでご参加いただけます。

*お申し込みは、7/13(木)12:00〜こちらのサイトで受け付けいたします。寺村光輔 × 小野田陽一 トークショー

-PROFILE-
小野田陽一(おのだよういち)
1982年神奈川県生まれ。2006年立教大学卒業、フォトグラファー泊昭雄氏に師事した後独立。様々な雑誌媒体や広告にて活躍。2016年には個展「SEE」、同タイトルの写真集を刊行。2017年には全店のjournalstandard Furnitureにて写真巡回展「Side Walk of NYC」を開催。
http://yoichionoda.com

寺村光輔(てらむらこうすけ)
1981年東京都生まれ。2004年法政大学経済学部卒業後、陶芸家・若林健吾氏に学び、2008年独立。吉祥寺『mist∞』、水道橋『千鳥』など、個展を中心に活動。益子の土と近隣でとれた灰を使い今の暮らしに必要なうつわを提案する。
http://kousuketeramura.com

山村光春(やまむらみつはる)
編集者・ライター。1970年大阪生まれ。BOOKLUCK代表。雑誌「オリーブ」のライターを経て、現在は雑誌や広告、書籍、ウェブなどの編集・執筆をはじめ、講座やイベント、ワークショップなども数多く手掛ける。
2013年よりリフレクソロジーの勉強を開始。2015年より東京と長野の両方に拠点を持ち、これからのよりよい暮らしを模索しながら活動。著書に「眺めのいいカフェ」(アスペクト)、編著として「MY STANDARD — 大人の自分定番」(主婦と生活社)など多数。
http://bookluck.jp/

Photograph | Yoichi Onoda

【寺村光輔・小野田陽一・アンパサンズ 展示『土と光』】
会 期:2017年7月19日(水)ー30日(日)
場 所:手紙舎 2nd STORY
時 間:12:00 – 23:00(22:00LO)
在廊日:寺村光輔/19・22日 小野田陽一/19・22・30日 アンパサンズ/19・22・23・30日

(C)tegamisha since2008