backhomenext

木下綾乃の旅で見つけた日用雑貨木下綾乃の旅で見つけた日用雑貨

[ 木下綾乃さんプロフィール ]

落ち葉のカップ&ソーサー

落ち葉のカップ&ソーサー

これを発見したのはロシア極東にある都市、ハバロフスクのレーニン通りにあるスーパーマーケットでした(イラストの上部に書いたのが店名。読めない!)。
同柄のティーポットとシュガーポット、カップ&ソーサーが6客、というのがティーセットの基本形。友達と分け合って、ウチにはこの2客だけがきたんです。狭い家だし、一人暮らしにはこれで十分。食器棚の中で、お客様用としてスタンバイしています。
そのマーケットには、赤い水玉や花柄や、ロシアらしいロマンチックな模様のものが沢山あったのだけれど、このカエデのようなスズカケの葉のような、落ち葉をちりばめた渋い柄が一番気に入りました。茶系の家具ばかりの私の台所にも似合っている気がします。これでお茶をすると、憧れのロシアの田舎暮らしを少しだけお裾分けしてもらってるようでちょっと嬉しい。
イラストレーター仲間三人で行ったのですが、軍手やガムテープを物色する私は、乙女系の二人に「好みが少年ぽーい」と笑われたこと、十月なのにすっごく寒かったこと、「ペリメニ」という水餃子がとても美味しかったこと、キツネ柄のハンドクリームを歯磨き粉だと思ってしばらく使ってしまったこと、オリジナルはんこを気迫と筆談でオーダーしたことなど、よく思い出します。
ハバロフスクは新潟空港から2時間の、近くて遠い街でした。ロシアはまた必ず訪れたい。今度は過ごしやすい夏に行きたいな。
落ち葉のカップ&ソーサー

これまでの旅で見つけた日用雑貨これまでの旅で見つけた日用雑貨

ラケットみたいなおぼん

お知らせお知らせ

わたしの鎌倉 初めての旅本が刊行されました!
鎌倉は素敵な寺院や名所、お店が数えきれないほどある魅力的なところ。カメラ片手にレンタサイクルで街中を巡り、心に留まったものをひとつひとつ、イラストに描きおこしました。
いつもの私の本のような、手づくりレターと文房具店の紹介ページもある、今までにないタイプのガイドブックです。


『わたしの鎌倉』(学習研究社)
判型:A5変形/80ページ/税込1365円

このページのトップへ

このページの感想を送る

backhomenext