EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

9月28日(水)〜10月23日(日)

曽根静夏『かぎ針で編む 植物モチーフのアクセサリー』出版記念フェア at 本とコーヒーtegamisha

かぎ編み作家として繊細かつ立体感のあるアクセサリー作品を制作する、shizuka, d.s. 曽根静夏さん。時を経てここに辿り着いたようなアンティーク調の色合いと、柔らかな輪郭の草花のモチーフは、手紙社主催の「布博」でもとても人気です。 そんな曽根さんが、来る9月22日に『かぎ針で編む 植物モチーフのアクセサリー』(日本ヴォーグ社)を出版。“1つのモチーフが編めると世界が広がる”をテーマに、植物をイメージした小さなモチーフと、それらモチーフを使用したアクセサリー作品を紹介した一冊です。

同書では、ピアスやイヤーカフなどの耳飾りから、ネックレス、コサージュやブローチなど全53点のアクセサリーを掲載。編み方は、初心者でも始められる簡単な葉っぱの作り方から、覚えると楽しい「クローンノット」や「リング編み」といった応用までを解説。仕立て方では、ワイヤーやビーズの編み込み方や、編んだモチーフにワイヤーを通して仕立てる方法、またそれらの組み合わせなど、曽根さんならではのアイデアをたっぷりと紹介しています。

そして「本とコーヒーtegamisha」では、同書に掲載の作品を実際にご覧いただける出版記念フェアを開催。数に限りはございますが、購入可能な作品も並びます。

またフェアの最終週末となる10月22日(土)には、曽根さんに直接教えていただけるワークショップを開催。午前は初めてかぎ針を手にする初心者さん向け、午後は経験者向けと、レベルに合わせた2回を開催いたします。

「基本からアレンジの仕方まで、この本を手にした方が自分なりのアクセサリー作りを楽しむきっかけになれれば嬉しいです!」と曽根さん。糸を立体にする “かぎ針編み” という手仕事は可能性が無限大。
こんな現代だからこそ、機械を使わずかぎ針1本から生まれる世界を楽しんでみませんか。
– – – –

◎WORK SHOP◎
<① 「基本の葉っぱ作りと、モチーフバイキング」>
 かぎ編みが初めての方向け。基本の編み方を学びつつ、曽根さんに用意いただいた編みパーツを組み合わせてアクセサリーを作ります。
開催日時:2022年10月22日(土)10:30〜12:00
参加費:6000円(材料費・1drink代込/税込)
*当日お選びいただくアクセサリーにより追加で金具代をいただきます(ブローチ100円 or 300円、ピアス300円、イヤリング600円、イヤーカフ1000円/税込)
募集人数:10名
持ち物:なし
受付期間:2022年9月28日(水)12:00より受付開始
受付サイト:https://coubic.com/tegamisha/976272

<②「重なる葉のネックレス作り」 >
①のワークショップに参加して下さった方、もしくは細編み・長編みができる方向け。『かぎ針で編む 植物モチーフのアクセサリー』P.5(No.04)に掲載の「重なる葉のネックレス」の作り方を学びます。
開催日時:2022年10月22日(土)13:30〜15:30
参加費:6000円(材料費・1drink代込/税込)
募集人数:10名
持ち物:なし
受付期間:2022年9月28日(水)12:00より受付開始
受付サイト:https://coubic.com/tegamisha/641728

2022年9月22日発売
『かぎ針で編む 植物モチーフのアクセサリー』
(曽根静夏/日本ヴォーグ社)

– 曽根 静夏 PROFILE –
幼い頃から裁縫・編み物に興味を持ち、独学で洋服を作り始める。1997年以後、代官山のK3や中目黒のcoda/NIVIにて一点もののニット作品を販売。2002年には活動拠点を北米に移し、ハンドニット作品を製作・販売。2004年に帰国後はオーダーメイドで服・小物を製作する傍ら、手芸本に作品を提供。各地で編み物ワークショップも開いている。
Official Site)https://shizukasone.com/
Instagram)https://www.instagram.com/shizuka.d.s/
– – – –

◎ 曽根静夏『かぎ針で編む 植物モチーフのアクセサリー』 出版記念フェア
日時:2022年9月28日(水)〜10月23日(日)11:30〜17:30
   *月・火定休(祝日をのぞく)
会場:本とコーヒーtegamisha(調布市菊野台1-17-5-1F)
問合せ:042-440-3477(本とコーヒー)