EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

4月14日(水)〜4月25日(日)

かとうようこ 陶展『まってた場所、そこ』at 手紙舎 2nd STORY

心をとめて目をとじる
差し込むひかり、鳥のさえずり、風の音
そう、私の場所はここ

陶芸家・かとうようこさんによる、手紙社で初めての個展を開催いたします。かとうさんのひとつ一つ作り出すおうち時間を豊かにする作品たちが、皆様をお迎えいたします。
また今回はかとうさんの作品をイメージした、ステカ&モジョルさんのアイシングクッキーが華やかに並びます。春先の心華やぐ時間を彩る作品たち。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけてみませんか。

 


 

【かとうようこ 陶展  作品のご紹介1】

来月4月14日(水)から手紙舎 2nd STORYで始まる、かとうようこさん陶展『まってた場所、そこ』。爽やかな風がそよぐ気持ちの良い季節におうち時間を豊かにする様々な作品が皆様をお迎えいたします。ご自宅の庭に広がる風景をモチーフに、咲きほこる草花や訪れる鳥たちの様子がほのぼのと描かれた心和む作品たちをぜひご覧ください。

 

コーヒーカップ 実

◎「コーヒーカップ 実」
かとうようこさんの作品ではもう定番となっている実の絵柄。当初「南天」というタイトルだったそうなのですが、その後ご自身が強くイメージしていたのは縁起物として正月の飾りによく使用される「万両」だったそう。光沢のある赤い実と深い緑の葉が、かとうさんのフィルターを通し、物語の1ページのような心豊かな絵柄として表現されています。

 

時計 みつば

◎「時計 みつば」
かとうさんの工房にある庭で春から初夏にかけて広がる爽やかな季節の一コマを描いた作品。
5月になると一面を埋めつくすのシロツメクサとクローバー。特にクローバーの輪郭に魅力を感じ、今回のモチーフとして選ばれたそうです。三つ葉が重なり合い無限に広がっていく風景を表現するため、クローバーの和紙染型のパターンを2、3枚作成、配置などはあまり考えずその場で調整しながら模様を施し、かとうさんが目にした姿に近い自然な表現を施しています。そしてクローバー中には四つ葉も描かれているそう。ぜひ幸せを見つけながら時の歩みを一緒に感じてみてください。

 

ランプ はるのはな

◎「ランプ はるのはな」
数年前の春に生まれた作品。ご自宅の庭でイキイキと育つ山野草たちから受けたインスピレーションや感情が溶け込んだ作品。スズランやすみれなど、草花たちのいきいきとした姿にこちらもほころんでしまいます。小さく可愛らしい草花が散りばめられたシェード部分に心癒されながら大切なひと時を照らすアイテムとしてお迎えするのも素敵ですね。

 

【かとうようこ 陶展  作品のご紹介2】

 

四方皿 鳥2羽

◎「四方皿 鳥2羽」
鳥たちをはじめとした定番の絵柄が贅沢に描かれた一枚。かとうさんが自宅の庭で日々目にする情景をほのぼのと表現した作品に思わず心がなごみます。桜やもみじのように馴染みの木や花でなくても、道端の草花が教えてくれる季節の移ろい。動物園に行かなくても見ることができる生き生きとした野鳥や野良猫の姿。身近な場所で自然を感じられることの愛しさや嬉しさを描いた作品です。

 

変形皿 はっぱ

◎「変形皿 はっぱ」
アンティークを模して制作されたというクラシカルな輪郭が特徴の変形皿。リム部分に描かれた草花たちがイキイキと表現され、手に取った誰もが幸せになるような一枚。草花に具体的なモチーフはなく、日々目にする自然の中から感じ取った姿をうつし込んだ、かとうさんらしい作品となっています。

 


 

【ステカ&モジョルさんのアイシングクッキーが華やかに並びます】
STEKA&MOJOL(ステカ&モジョル)


かとうさんの作品をイメージして作られた、お皿やカップ、定番の絵柄である鳥や植物のモチーフが描かれた愛らしいクッキーです。ぜひ、かとうさんの器とともにティータイムをお楽しみください。


 

【カフェメニューのご紹介】

手紙舎2nd STORYでは個展期間中、特別メニューをご用意いたします。展示をご覧になったあとは、ぜひカフェでおくつろぎください。 

◎カモミールとホワイトチョコのパウンドケーキ

カモミールを混ぜ込んで焼き上げたパウンドケーキに、ホワイトチョコのアイシングをかけた一皿です。ふんわりカモミールが後味に香る、春らしいデザート。紅茶やハーブティーとの相性抜群なので、ぜひあわせてお楽しみください。

 


 

【初日4月14日のご来店に関して】

展示初日4月14日(水)のご来店に関しまして、店内の混雑を避けるため、11:30の時点でご来店のお客様が多数の場合、入場順のくじ引き抽選を行います。場合により、オープン後からご案内まで店外でお待ちいただくこともございますのでご了承ください。

*感染症対策として、マスクを着用でのご来店をお願いいたします。発熱等体調に不安がある方はご来店をお控えください。
*お持ち帰り用の手提げ袋は有料となっております。マイバッグ等の持参にご協力をお願いいたします。

 


 

 

【かとうようこ 陶展『まってた場所、そこ』 at 手紙舎 2nd STORY】
会期:2021年4月14日(水)-4月25日(日)
時間:12:00-18:00(17:30 L.O.)
場所:手紙舎 2nd STORY
住所:東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
作家在廊日:4月14日(水)、他週末に在廊予定です

*状況により、開催期間・内容が変更となる場合がございます。その場合は当ページにてご案内いたします。

▷かとうようこ
様々な形にカットした和紙に呉須を染み込ませ、模様を映しこんでいく「和紙染め」という古くからの技法を使い、心和む作品を制作されています。影絵のような濃淡を生かした繊細な絵付けは見る人の心をときほぐす不思議な魅力にあふれています。
web site
instagram