EVENT INTRODUCTION

イベント紹介

6月1日(水)〜6月19日(日) *6/2-8は休業

昭和レトロな出版社「野ばら社」の
かわいい図案フェア at 本とコーヒーtegamisha

書店「本とコーヒーtegamisha」の2015年オープン当初から本棚に並び、今も変わらず売れ続けている本の一つに『図案辞典』があります。四季や動植物・人物・乗物・建物、文字といった項目別にレトロな図案がぎっしり詰まったこの本を出版しているのは、1929年(昭和4年)創業の「野ばら社」。100年近くもの間、東京都北区にて図画図案・書道・音楽の本を届け続けている出版社です。

そんな「図案辞典」を出版する野ばら社には、所有する昭和初期からの図案や出版物を、それはそれは大切に守り続けている編集者・大橋真生さんがいらっしゃいます。彼女は本を届けていくことはもちろん、そこに詰まった「かわいい図案」を多くの人に伝えたいと、紙雑貨やお菓子、お茶、LINEスタンプなどに形を変え、新たなアイテムを続々と制作中。6月1日からの本とコーヒーtegamishaでは、野ばら社人気の雑貨や、今回のフェアのために制作いただいた新アイテムなど、かわいい図案が盛りだくさんのコーナーが登場します。

こちらは「野ばら社の紙もの市〜しおりとシールのバイキング」。野ばら社の図案がプリントされたシールやポストカードから好きなものを選んで特製ケースに。

レトロなかわいい図案は、アイシングクッキー入りのお菓子缶にも。山中湖の菓子店 citronさんとのコラボによる「図案缶」には図案クッキー・図案はんこ・図案文具が、「音楽缶」には音符クッキー・こどものうたはんこ・音楽文具などが入っています。(お菓子缶は6/9からの販売です)

そのほか山中湖の自家焙煎珈琲店 「Coffee grains måne」さんとのコーヒーバッグや、京都のお茶屋「ごえん茶」さんとのコラボによる84円切手で送れるお茶のお便り・chayoriも、全て野ばら社さんの図案集や書道本に掲載されていたものが使用されています。

さらに店内では、50年以上前に出版された貴重な絶版本の展示も計画中。現代にはないタッチに新しさを感じたり、愛嬌たっぷりな表情にクスッと笑ってしまったり。昭和のかわいさを存分にご堪能ください。



【昭和レトロな出版社「野ばら社」のかわいい図案フェア】
期間:2022年6月1日(水)〜6月19日(日)/月火定休
  *6/2〜8は「東京蚤の市」開催および準備等のため臨時休業
  *食品の取扱いは6/9からです
場所:本とコーヒーtegamisha
   (東京都調布市菊野台1-17-5-1F *京王線「柴崎駅」より徒歩1-2分)
tel:042-440-3477
営業時間:11:30〜17:30